体の中からスキンケアを始めました

体の中から美容

10代の初めから10年以上酷いニキビに悩まされました。
いじり過ぎないお手入れを学び、何とか30代に突入する頃には直しましたが、クレーターは残りました。

その後もちょっとしたことで吹き出物が出来たり、かぶれたりします。
こすったり、触り過ぎたり、塗り過ぎをしないスキンケアを心がけてやり過ごしてきました。ファンデーションも使いません。

去年より、栄養について勉強を始めました。
肌は外からの手入れだけでなく、食べ物から出来ていると痛感し、食生活を改めるようにしました。

糖類、カフェインが肌に良くないそうです。そこでスイーツが好きでちょこちょこ食べていたのを止めました。
一日一回だけおやつタイムを設け、砂糖が入っていない飲み物とナッツ、ドライフルーツ、小魚のどれかを食べるようにしました。
甘い物は週に一度だけご褒美として食べます。野菜が中心の薄味、和食の食事を摂るようにしています。

また、丈夫な肌を作るため脂が少ない良質なタンパク質を食べるようにしています。白身の魚、鳥胸肉が食卓に上がる機会が増えました。
季節の食べ物がいいらしく夏の時期はトマト、きゅうり、スイカを良く食べます。
大きな容器にミニトマトときゅうりをドレッシングやポン酢につけておいて冷蔵庫に常備しておきます。

暑い夏はアイスクリームを食べる代わりに冷たいトマトを食べると後で喉も乾かず、適度にクールダウンできます。
肌にはビタミンCとコラーゲンがいいそうなのでなるべくサプリには頼らず食べ物から取るようにしています。
そのおかげか生理前に吹き出物がたくさんできていたのがこの半年できなくなりました。口内炎も出来なくなりました。

ニキビ跡は治りませんが私のすっぴんを知っている人は顔色がいいと褒めてくれます。
子供もニキビが出来やすいのですが、食事を変えたらましになってきました。
スキンケアは外からもですが中からのケアも大切だと思った一年でした。

— 2015年8月14日