肘の黒ずみには重曹が効く!

重曹のイメージ

私は子供の頃から頬杖をつく癖があり、成長とともに肘に色素沈着してしまいました。あまり見える部分ではないものの、薄着の季節になるとやっぱり気になってしまい、これまでにも様々な美容クリームやローションを試してきました。一時的に角質が柔らかくなるのですが、肘の黒ずみを除去するまでには至らず、なるべく人前で肘を見せないようにしていました。

そんなとき、お菓子作りや掃除に使われている重曹がお肌の黒ずみに効果があると知りました。まさか、こんなものがお肌にいいとは思えず、使うのをためらっていたのですが、肘の黒ずみが消えるならと思い、思い切って使ってみることにしました。

使い方は、重曹に水を適量加えてペースト状になるまで混ぜます。これでクリームの完成です。肘の黒ずみの気になる部分につけ、優しく円を描くようにマッサージするだけで、つるつるのお肌になるとのこと。半信半疑ながら、さっそく試してみました。つけた感じは、特にしみたり、痛みを感じるようなこともなく、気持ちよくマッサージができました。よく洗い流してみると、重曹をつける前よりも肘が白くなっていて、とても驚きました。

重曹マッサージのあとはしっかりとした保湿が大切とのことなので、ボディークリームをたっぷり塗りこみました。翌朝、肘を見てみると、つるつるできれいなお肌になっていました。

何度か重曹マッサージを行ってみたところ、すっかり肘の黒ずみが消えてなくなりました。簡単に手に入るもので、こんなに効果があるなんて、とてもびっくりしました。

— 2015年8月17日